FX初心者のための攻略サイト

FXの仕組みについて

資産運用にFXというものがあります。FXは日本円を外貨に変えて利益をえることです。なぜ外貨に換えると利益が出るのでしょう。

 

外貨を買った時の相場を1ドル当たり80円としましょう。ここで1000ドルに替えるには8万円必要となってきます。外貨の価値は時間によって変わってきます。1ドル当たり90円になりますと、1000ドルで9万円となります。替えた金額から円安になりますと利益を出すことが出来ます。
逆に1ドル当たり70円になりますと、1000ドルで7万円となります。替えた金額から円高になりますと最初の投資金額より少なくなってしまいます。

 

FXは副業として行う場合もあります。FXの仕組みとしましては、24時間インターネットで行う事が出来ますので、携帯電話やパソコンを使用して取引を行う事が出来ます。そのため、仕事中のサラリーマンや家で家事を行っている主婦などでもやることができます。

 

そのことにより、副業としてFXに手を出す方もいます。FXで設ける為のポイントは外貨の円高と円安の見極めることが重要です。FXは円安になったとしても、目を離したすきに円高の状態になることはあります。そうならない為にもしっかりとした線引きは必要になっていくでしょう。

FXの証拠金取引とは

FX取引を行うには、FX業者に口座を開設し、一定の担保金としてお金を預ける事になります。この担保金が取引に必要な証拠金となります。ここではFXの証拠金取引とはどのようなものかについてお話致します。

 

先ず最初に、この証拠金取引とは、担保として預け入れたお金の範囲で取引できるという仕組みです。

 

このお金は取引代金とは別に管理され、証拠金全額で取引が行われるのではなく、取引で生じた損益分が決済される仕組みです。それ故に、FXでは取引額の25分の1程度の証拠金で売買が行なえます。その為、自己資金が少ない方でも高額な取引が行える大変資金効率がよい投資なのです。

 

次に、FX取引でポジションを建て、為替レートの変動により収益が出ます。その際には、収益がこの証拠金に加算されていきます。又、取引で損出が出てしまうと、そのトレードでの損失分が証拠金から差し引かれていきます。

 

この時に損出が大きく、証拠金の維持率が一定基準を割り込んでくると、その取引を継続することができなくなります。この時にFX業者はそれ以上の損失を出さないようにマージンコールを出します。このようにFXの証拠金取引の仕組みはこのようになっています。

FX取引におけるテクニカル分析の重要性

FXにおいて取引をする中では必要な分析方法としてテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の二つが代表的なものとして挙げられます。そういった中で特に短期取引においてはテクニカル分析の重要性ということが挙げられるでしょう。

 

この分析においてはチャートから分析することで今後の値動きを予想するということが言えるでしょう。様々な分析指標を利用することとなるために、分析指標が表す効果というものを知識として勉強する必要があるでしょう。

 

こういったことを学習していきながら、トレードを経験していくことで自分なりのトレード基準というものが確立されていきます。そういったトレードでの勝率や利益を上げやすいポイントというものが自分の中で確立されてくることで、より確率の高い方法で利益を確保していくことができるということが言えるでしょう。

 

現在においては多くの人がFXを取引する中で利用している分析方法であるために、値動きの転換点となるところにおいては値動きが激しくなったり、または大きく値を動かすということが言えるでしょう。

 

このようにテクニカル分析によってエントリーを行なっている人が多いということからもひとつの分析方法として取り入れるべきでしょう。

 

お薦めのテクニカル分析:移動平均線

 

 

こちらのチャートはドル円1時間足になります。赤線が5本移動平均線、青線が25本移動平均線になります。基本的な見方としては移動平均線が上向きになっていれば買い優勢で、下向きとなれば売り優勢となります。その中でお薦めしたいのが25本線が下値抵抗線となって上昇し続けるパターンです。

 

○で印をしている所を見て頂くとお分かりだと思いますが、下値が支持されて上昇を続けています。こういう時には買いを仕掛けると良いでしょう。ただ、直近の○部分は値段と平均線が同位置となってきているため注意が必要です。値段が25本線を下回った場合はすぐに損切りする必要があります。